PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チョコボともこ

チョコボともこの関係が、今も少しずつ変化している。
というよりは、チョコボがもこに対する態度を変えてきたというべきか。

もこは最初から変わらずチョコボのことが大好きで、チョコボを見るとジャンプしてアタック。たまには背中に乗る(ヘコヘコではないよ)。おなかを見せて反省したフリをしてもけして反省などせずまた同じことを繰り返す。

チョコボはそんなもこに対して開き直ったという感じになってきた。
もこの行動すべてに怒っていては自分の身が持たないと思うのか、ちびっこだからと許してくれるようになったのか。

もこがサークルから出ているときに、チョコボに「オモチャ持っておいで」と言うと、いつもならボールを選ぶのに引っ張りあいっこのできるオモチャを持ってきてもこの前でぶんぶん振ったりすることがある。
目の前にあるものに喰らい付くもこなので、すぐにもことの引っ張りあいっこになる。
チョコボなりにもこと遊んでくれているのかもしれない。
もこ、すんごい振り回されてるけど。


チョコボにはウェルくんというおともだちわんこがいたので、会えばよくプロレスごっこをしていた。ウェルくんはチョコボよりおにいさんだったしとても優しい子だったので、チョコボが遊ぼうと言えば断らず、チョコボが大きく吠えて「ちょっとタイム」と言えばすぐにやめてくれるという、チョコボのわがままをすべて受け入れてくれるやさしいおにいちゃんだった。

いろんなわんこと会ってきたチョコボだけど、プロレスごっこをして遊べたのはウェルくんだけ。
あのときの楽しい思い出は、チョコボの中にもずっとあるんだろう。もこに何度も何度も飛びつかれてそのときのことを思い出し始めたようだ。

最近少し、チョコボがもことプロレスごっこをするようになった。
といっても体格の違いすぎる二人なので、チョコボは物足りないようだが一応加減しているらしい。
全身を使って挑んでくるもこに対して、チョコボは首を動かしているだけ。手足は使わない。
自分のほっぺともこのほっぺをあわせるようにして遊んでいる。
もこに歯が当たらないよう気を使ってくれているのかもしれない。

そんなチョコボの優しさが、もこにはわかるはずもなく、もこはうっかりチョコボの鼻を噛んだり、チョコボの目に手が当たったりしてしまう。
そういう時、チョコボはしっかりもこを怒っているようだ。

ふむ。
そうやって遊び方を覚えていくんだなぁ。

しかし、もこは怒られるとすぐ私の元へやってくるので困る。
知らないフリをしてほおっておくと、またチョコボのそばに行く。

あまり長い時間遊んでいると、チョコボにも限界が来るらしいので、できるだけその前にもこにはサークルに戻ってもらい、お互い休憩を取るようにしている。

今まではもこのサークルになど近づこうともしなかったチョコボだが、最近はたまにサークルの中が気になるようだ。

今日のお昼寝。
すこぉしちかくにもこを感じるチョコボ

今はまだ興奮してしまってサークルから出ると寝てはくれないもこだけど、いつかは一緒に寝たりする日が来るのかな。
それとも二人とも暑がりさんだから、やっぱり離れて寝るのかな。

| カイヌシの観察記録 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabechoco.blog67.fc2.com/tb.php/42-229db360

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。