PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もこのお食事

昨日、そろそろもこのフード在庫があと一週間くらいかなーと気づいた。
食べるにしろ、残すにしろ、ふやかしてしまうので少ない量を作るわけにもいかず、常に規定量をふやかすので、もこが食べなくても在庫は減ってゆくのだ。
ネットで購入したフードなのだが、うっかりな私のことだから、もし在庫切れになってしまったらどうしようと思い、家の近くにそのフードが売っていないか調べてみた。

そしたら近くではないがそう遠くもないというところにお店発見。
一度電話でもこの食事状態を相談することにした。


お店の人は「もこが食べない」という私の相談を一生懸命聞いてくれていろいろ教えてくれた。
たいていは食欲旺盛なコーギーだが、ちびっこの頃の体つきを見れば小食の子かそうでない子かがわかるらしく、一度もこをみて見たいといわれた。
そんなわけで今日もこをお店に連れて行った。

その話の前に、私のこれからの考えを言うと、
そのお店ではフード無料配達してくれるらしいけれど、お店の方がちょっぴり積極的な方で、私はもしかしたら苦手かもしれないと電話での第一印象。
こっちから相談しておいて、とても丁寧に教えてもらっておいて、こういうことを言うのは申し訳ないにもほどがあるという感じではあるが、正直な話そういうわけで。
だから相談させてもらったけど、これからのフード等は一度購入したネットショップでお願いしようかなと。
病院の先生と相談して、いつかはチョコボにももこと同じメーカーのフードをあげるようにしてみようかとも考えているので、送料のことは気にしなくてよさそうだし。

う~ん私ってば勝手。

んで、話を戻して、
昨日の相談のお礼をかねて、残り少なくなりつつあるもこのフードを購入しようと思い、お店に行った。
ナベちゃんもついて来てくれたので、チョコボも一緒に。

まだちびっこであるもこを、知らないわんこがいるお店に連れて行くのにはちょっぴり抵抗はあったけど、もこは一応ワクチンしているから大丈夫かなーというゆるい考えで連れて行った。
床を舐めたりするわけでもなかったので、その辺は安心でした。

いろんなお話をして、つい缶詰も購入。
チョコボの手作り食の話もした。ちなみにその方は生食派ではないし、お肉中心食にはあまり積極的ではない派。

かねがね「うちの食事って、お肉少なくない?」と思っていたチョコボの食事内容についてもお褒めの言葉を頂いた。
ほっ。

私としては、食欲旺盛なチョコボにおなかいっぱい食べてほしい気持ちがある。
大好きな食事の時間がいつも物足りないのはつまらないだろうなーと。
ただ、チョコボの食欲に限界がないということに気がついてなかった頃の話ではあるが。

もこはしばらくフード中心で缶詰を混ぜたり野菜を混ぜたりしながらの食事を続けることにした。
チョコボは私のやる気がある日の夜のみ手作り食で。

チョコボともこに、サービスでワールドカップ開催時限定のリボン(トリミングが終わったらつけてもらえるあの小さいリボン)を首輪にかわいくつけてもらったり、「わざわざ来てくれたから」と一つずつおもちゃももらっちゃったりと、なんだかこっちが恐縮。
ああ、私の汚れた心の中が恥ずかしい。
でもネットショッピングしちゃうの。ごめんねごめんね。
たまには買いに来るからね。ホントよホント。

そう心の中でお店の方々に謝りつつ、家に帰った。

あ、そうだ。
もこは今日はじめて首輪しました。
別に必要ないとは思ったんだけど、初めてのお店で、もこが予想できない動きをした時に、私が対処できるかもと考えてのこと。
やっぱり必要はなかったが、ふわふわもこに首輪をつけることが結構大変なんだと実感した。

それと、車の音や雨の音、初めての人にももこは驚かなかったようだ。
日々耳の側でチョコボに吠えられているから免疫が付いているんだろうか。
人間でも二人目以降の子は多少うるさい場所でもぐっすり眠れちゃったりするそうな。もこもそうだね。

| カイヌシの雑記 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabechoco.blog67.fc2.com/tb.php/39-e9bc5e41

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。