PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

主張する子としない子

チョコボともこはどちらも人が大好きなわんこだけど、チョコボは撫でてくれるのをじっと待つほうで、もこは自分からどっかーんとぶつかっていくほうだ。
お散歩途中で出会う人たちからは見た目の目立ち具合もあってか、もこだけ撫でてもらって「かわいいねー、じゃあさよーならー」となることが多々ある。
チョコボは静かに撫でてもらう順番待ちをしたままじっとその人が去るのを見つめている。
せ、せつないじゃないか…

私に気づいてほしい時も、チョコボは私の視線の先に移動してジーっと私を見つめて「こっち向けーこっち向けー」とテレパシーを送ってくることが多いが、もこは鳴いてみたり走ってきたり、とにかく積極性がある。

小さい頃からずっとあれやこれやと世話を焼いていたから、チョコボは自分がしたいなと思うことをはっきり行動に示さなくても、いつか相手がしてくれるさ、と思っているのかもしれない。
もこは自分でこうしたいです、と主張する。ちょっと主張が激しすぎるのが難点だが。

しかし逆に、
私が少し撫でたくらいじゃチョコボは尻尾を振らないが、もこはちょっと目が合ったくらいでもブンブン尻尾を振る(コーギーさんは見た目に尻尾がないけど根っこが残っているので振っているのはよく見るとわかるのだ)。
もこ、健気じゃないか…
チョコボにとっては私が少しナデナデするくらいじゃ当たり前すぎて満足できないのかもしれない。
これも一人っ子だった時代が長いからだろうか。

じっと待つチョコボも、積極的なもこもそれぞれだなぁといつも思う。
もっちゃんももっちゃんもー!

| カイヌシの観察記録 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabechoco.blog67.fc2.com/tb.php/267-ce688990

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。