PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チョコボの教育方法

体調管理のせいもあり、今までよりはサークルにいる時間が長くなったもこ。
サークルにいること自体は特に不満などなさそうだが、一段と限られたチョコボと遊べるフリータイムが前にも増して楽しいものになっているようで、ちょっと調子に乗りすぎることが増えた。

もこ自身の性格とか行動をセーブしたりするのは私の仕事だと思っているけど、チョコボともこの関係は二人が考えて決めるだろうと、そこは手を出さない私。
なのでもこがチョコボに馬飛びしようが、チョコボがもこに教育的指導をしようが、今はそれなりに見守っている。

私の見ていたところ、以前までのチョコボはもこに対してもう少し優しかった。
プロレスごっこも手を使わず、うっかり噛み付かれてもほどよくあしらっているという感じだった。
もこに向かって吠えるけど、もこが聞く耳を持ってないから知らんフリを決め込んでしまったりしたことも何度かあったが、そのたびにチョコボは「あーあ」という顔をしたり私に「何とかしてよ」と吠えたりしていた。
ちびっこだから仕方ない、という思いがあったんだろうか。

しかし、チョコボはもこの最近の態度を見て「これではいかん」と思ったのかどうかは定かではないが、近頃フリータイムになるともこを仰向けにすることが増えた。
もこの首の横を自分の顔で押さえつけたりして、もこをうまく転がしている。
もちろんどんどん手も使う。

もこはチョコボがヨシと思うまで仰向けになっていられないようで、チョコボは何度も何度ももこを仰向けにさせる。

ああ、わんこたちはこうやって教え、教えられていくのかなぁ。
すんばらしいなぁ。
チョコボはいつのまに誰に教わったんだろう。
はいはいごめんなさいですよ

しかし、もこはどうも「おなか見せればそれでいいんでしょ」という感じであまりチョコボのきもちなど伝わってなさそうに見えるんだけどその辺はどうなのよ。

| カイヌシの観察記録 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nabechoco.blog67.fc2.com/tb.php/109-9b4b9fb1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。